3.11
あれから4年。
4年前と同じ、寒い1日でした。

私は、家で、政府主宰の慰霊祭をテレビで見ました。

天皇陛下のお言葉。

心にしみました。

遺族代表の方のお手紙。

胸が締め付けられました。

菅原さやかさん 19才の手紙に涙でした。

彼女は、当日、中学校の卒業式を終えて、家で家族で居たときに、地震と津波に襲われたそうです。
彼女は、運良く瓦礫の上に身をのせ、助かったそうです。が、足元から名前を呼ぶ母親を見つけ、必死で助けようとしましたが、自分一人ではどうしようもできず、「行かないで」と言う母親に「ありがとう。大好きだよ。」と伝え、一人泳いで岸にたどり着き助かったそうです。

これが震災の現実ですよね。
彼女の判断は正しかったと思います。
私には計り知れない苦しみを味わい、これからも苦しむかも知れません。

簡単には、頑張ってなんて言えません。

何が出来るんでしょうね?私たちに。

無力です。
by home610miu0427 | 2015-03-12 14:22
<< 金曜日 久しぶりに映画館へ >>



はじめまして。生まれも育ちも九州。ご縁があって、青森県三沢市に居住。もうすぐ40代。夫婦二人暮らしです。性格はかなり前向き&能天気。お暇な方はぜひ。
by home610miu0427